ホーム > 採用事例:げんこつロボットによるインデックスへの高速供給による省人化

採用事例:げんこつロボットによるインデックスへの高速供給による省人化

 

採用事例:げんこつロボットによるインデックスへの高速供給

概要

①インデックス検査装置への投入と払い出しを
 FANUCげんこつロボットM-1IA/05SLで行います。
②コンベア上で切り出されたワークをロボットでピッキング
③コンベア横の寸法検査治具へ投入
④検査後にインデックスの治具へワーク投入
⑤インデックス内で検査完了後、ワークを検査結果別にコンベアへ払い出す。
サイクルタイム 5sec

 

げんこつロボットによるインデックスへの高速供給

ポイント

今までは作業者が手作業でワーク投入を行っていました。
げんこつロボットを導入することでサイクルタイムを達成することが出来た。
投入コンベア、ロボット、排出コンベアのみを追加することでローコストでの導入が実現出来た。

 

導入効果

  1. ・設備導入で、ワーク投入の作業者1名を削減
    ・2年で、設備投資額を人件費の削減額が上回る。
    ・残業時間、夜間運転が可能となったことで、生産数大幅UPとなった
  2.  

関連記事

株式会社サカエ

株式会社サカエ

伝動・油空圧機器から検査装置まで扱う技術商社。ロボット導入や画像検査装置導入により生産現場の自動化や省力化を実現させるご提案をします。

サカエに問い合わせる