ホーム > 採用事例:ゴム栓挿入装置 導入による省人化

採用事例:ゴム栓挿入装置 導入による省人化

2020年09月24日

 

採用事例:ゴム栓挿入装置 導入による省人化 

概要

ワークへ防水ゴム栓を挿入する装置です。

① ゴム栓を2種のパーツフィーダーで整列させ、挿入ステーションへ圧送。

② モートロンのピッキングフィーダーでワークをピッキングしやすいよう分離させ、カメラ付きのロボットでピッキングします

③ ②でピッキングしたワークを挿入ステーションへ搬送、圧送されたゴムをエアシリンダで挿入します。

④ ゴム栓を挿入したワークを検査ステーションへ搬送。カメラにて画像検査を実施。

⑤ 排出

ポイント

・ワークは供給ユニットのテーブルからカメラ付きロボットで取り出すことで多品種対応を可能にしました。

・通常であればコネクタ用パーツフィーダーが複数台用意されていますが、供給ユニット1台でカメラ付きロボットを用意することで、省スペースかつ段取りレス、さらにコストダウンを行うことができした。

無題

導入効果

  1.  ・ゴム栓挿入装置で  2名の省人化を実現。
  2.  
  3.  ・サイクルタイム :手作業と比較し 200%アップ。 
  4.  
  5.  ・完全無人化したことで昼休み、夕方の残業時間の稼働で生産数 約20%up
  6.  

 ・2.6年で、設備の投資額を人件費の削減額が上回る。

  1.  ・カメラ付きロボットを使用し、多品種対応を可能にし、将来的な品種追加に
  2.   備えることができた。

関連記事

株式会社サカエ

株式会社サカエ

伝動・油空圧機器から検査装置まで扱う技術商社。ロボット導入や画像検査装置導入により生産現場の自動化や省力化を実現させるご提案をします。

サカエに問い合わせる