ホーム > 採用事例:協働ロボットによる加工機ローディング装置で省人化

採用事例:協働ロボットによる加工機ローディング装置で省人化

 

採用事例:協働ロボットによる加工機ローディング装置で省人化

概要

①加工機への素材投入、取り出しを協働ロボットCRX-10iAで行います。
②トレーに置かれた加工素材をピッキングし、加工機の治具へセットします。
③加工完了後、製品を排出トレーへ取り出します。

 

協働ロボットによる加工機ローディング装置

ポイント

少量多品種のため、製品のセットは作業者が行っていました。
自動化するにはコストが掛かり過ぎて諦めていましたが、
協働ロボットで半自動化することにより、簡単に作業者の負担を減らすことが出来ました。
治具セット時や段取り替え時に起こるロボット位置ズレの修正は、
協働ロボットの特徴であるダイレクトティーチングを用いることで簡単に直すことが出来ます。
製品置き場を作成するだけで簡単にローコストで導入出来た事例です。

 

導入効果

  1. ・設備導入で、ワーク投入の作業者0.5人工の工数を削減出来た。
    ・0.5人工の工数を別工程へ回すことが出来たため、工場全体の生産数UPにつながった。

 

協働ロボットによる加工機ローディング装置_3協働ロボットによる加工機ローディング装置_2

  1.  

関連記事

株式会社サカエ

株式会社サカエ

伝動・油空圧機器から検査装置まで扱う技術商社。ロボット導入や画像検査装置導入により生産現場の自動化や省力化を実現させるご提案をします。

サカエに問い合わせる