ホーム > 改善事例 オイルコン、チラー洗浄

改善事例 オイルコン、チラー洗浄

改善事例 オイルコン、チラー洗浄

1.【動画】オイルコン、チラー洗浄作業

 

 

オイルコン、チラーでアルミの放熱フィンが汚れていると・・・


■電力の無駄遣い(機器の稼働率が上がり電力を消費)

■チョコ停の発生(機器の過負荷による異常信号)

■加工不良、品質低下(温調が不安定になり精度のバラつきが発生)


3.洗浄工程のご紹介【Before After】

トラブルやロスを未然に防ぐには、定期的な洗浄を行い、安心してご使用いただける状態にしておくことが必要です。今回はチラーの洗浄作業の工程をご紹介します。

1.まず、養生できる部分は養生を行います。

養生

2.フィンは黒く汚れている状態。水溶性洗浄液をかけていきます。洗浄液はアルミを侵食しない物を使用します。洗浄液をかけてから、数十分放置します。

洗浄液で洗浄中

数十分後、汚れがだいぶ落ちています。

数十分後、だいぶ汚れが落ちています。

3.水で洗い流します。

水で洗い流す

取れにくい汚れがある場合は、この工程を何回か行い汚れを落とします。こういった作業を行うと、冒頭のオイルコンが次のようになります。

before after

オイルコンや室外機といった温調装置は、内蔵される冷却フィンが汚れると効率が下がり、消費エネルギーが増えます。定期的な洗浄を行うことで、余分な電力を削減したり、生産の効率化を図ることができます。

お役に立つことができれば幸いです。
sakae-contact

株式会社サカエ

株式会社サカエ

伝動・油空圧機器から検査装置まで扱う技術商社。ロボット導入や画像検査装置導入により生産現場の自動化や省力化を実現させるご提案をします。

サカエに問い合わせる