ホーム > 【事例】樹脂加工のVA/VEでコストダウンを実現!②

【事例】樹脂加工のVA/VEでコストダウンを実現!②

2023年01月06日

【事例】樹脂加工のVA/VEでコストダウンを実現!②

弊社はこれまで、樹脂加工のご提案で、耐熱性・絶縁性・屋外耐劣化性・クリーン環境対応等、様々な用途に最適な材料選定と、1個からの受託加工で最適なソリューションを提供してきました。樹脂の切削、成形、パッキン、3Dプリンタ等、樹脂・ゴムに関わるあらゆる加工分野への対応が可能です。下記では、弊社が行ってきた樹脂加工に関する事例をご紹介させていただきます。

1.MCナイロンギア①


用途:ギア 材質:MCナイロン 加工内容:切削 

1【特徴】
 ロール回転設備に使用されるφ300のギア部品です。既存設備部品が消耗したた
 め、現物合わせにて製作しました。既存設備の樹脂部品は、現物合わせのリバー
 スエンジニアリングによって、機械メーカーの補修部品を購入するよりも安価に
 抑えることができ、コストダウンに繋がります。

2.MCナイロンギア②


用途:ギア 材質:MCナイロン 加工内容:切削

2 【特徴】
 飲料充填機にスペックインされているギア部品です。既成のギア部品に対して、
 溝と穴あけ(6か所)の追加工を施しました。少量品の場合は、既製品を活用し
 て追加工をすることでストダウンを図ることが可能となります。
 

3.MCナイロンギア③


用途:ギア 材質:MCナイロン&真鍮 加工内容:切削 圧入

3【特徴】
 分析装置に組み込まれるギアです。真鍮の部品をMCナイロンへ圧入後、歯きり
 の切削加工で仕上げています。部品の使用環境は水分が多いため、耐食性が求め
 られます。金属ではなく安価なMCナイロンを採用することで、耐湿性を確保し
 ました。

4.MCナイロンガイド


用途:ガイド 材質:MCナイロン 加工内容:切削 

4【特徴】
 コンベアのガイドとして使用されるMCナイロンの切削加工品です。
 以前はコンベアのガイドとして金属を使用していましたが、ワークに傷がつくこ
 とからMCナイロンへの素材変更を行い、問題を解決しました。

5.MCナイロンワーク内径固定治具


用途:ワーク固定治具 材質:MCナイロン 加工内容:切削

5-1 【特徴】
 ワークの傷入りを防ぐために、素材として金属ではなくMCナイロンを使用しました。ワーク
 の内径と同じ円筒形状となっており、内径を固定・保持して表面処理に用います。


6.MCナイロンダボガイド


用途:ダボガイド 材質:MCナイロン 加工内容:切削

6【特徴】
 木製ダボを誘導する目的で使用するためのダボガイドです。
 内径がテーパー形状になっているため、スムーズに木製ダボを誘導することが
 できます。用途に合わせて最適な内径形状に加工をすることが可能。最適な形
 状の治具を使用することで、生産性向上に繋がります。

7.チャックカバー


用途:チャックカバー 材質:ウレタン硬度30度/硬度50度 加工内容:貼合わせ+切削+穴あけ

7【特徴】
 ウレタン硬度30度と50度の2種類の素材を貼合わせた後に、穴あけ・切削
 加工を行いました。従来はウレタン50度のものを使用していました。それ
 だとワークに傷入りが発生してしまったため、より軟質なウレタン30度を
 貼り合わせることで、問題を解決しました。 

8.軟質PVCシート


用途:装置カバー 保護 材質:PVC 加工内容:裁断

8【特徴】
 装置カバーに付く傷を防止するための軟質プラスチック保護シートです。素材は
 軟質PVCを採用しました。必要な形状に型抜きをし、離型シールを剥がして使用
 します。軟質プラスチックの保護シートにより、装置のメンテナンスコスト削減
 に繋げることができました。

9.AGV車輪ウレタンライニング


用途:AGV車輪 保護 材質:ウレタン&鉄 加工内容:ライニング(母材支給)

9【特徴】
 AGVの車輪のウレタンが消耗するため、母材は再利用し、ウレタンライニング
 を実施しました。AGVの製作メーカーへ部品交換を依頼するよりはるかに安価
 にでき、コストを抑えることが可能となりました。

10.台車車輪ウレタンライニング


用途:台車車輪 保護 材質:ウレタン&アルミ 加工内容:ライニング 切削

10
【特徴】
 室内用台車の車輪に緩衝材としてウレタンライニングを実施しました。
 母材となるアルミの車輪は切削加工で製作。母材の切削加工からウレタンライニ
 ングまで一貫して対応することで、お客様の調達工数を削減しました。
  

11.治具ウレタンライニング


用途:治具ウレタンライニング 材質:ウレタン 加工内容:ライニング

11【特徴】
 本部品はウレタンライニング部にワークが接触します。
 使用を続けることで摩耗してしまうため、定期的にウレタンライニングの貼替え
 が必要になってきます。消耗部のウレタンライニングによって治具部品を繰り返
 し使用でき、コストダウンに繋がりました。

12.エア配管用PP治具部品


用途:エア配管治具 材質:PP 加工内容:切削

12【特徴】
 エアー配管部品の設置に使用される治具です。
 汎用プラスチックのポリプロピレンを採用しました。用途に応じて必要な穴の
 数、スペースに合わせたサイズにて加工が可能となっています。

13.ウレタンパッキン


用途:砂落とし装置パッキン 材質:ウレタン 加工内容:打抜き

13-1【特徴】
 砂落とし装置のオーバーホールで、パッキン部品を現物からリバースエンジニア
 リングを実施し製作しています。機械メーカーからではなく、リバースエンジニ
 アリングを実施することで、補修部品を調達するよりもコストを削減することが
 できます。

14.ゴムパッキン


用途:空調機パッキン 材質:NBR60 加工内容:ゴム板 打抜き

14【特徴】
 既成ゴム板から寸法を合わせて打ち抜くことで、ゴム製のパッキンを製作してい
 ます。1点からのご注文、並びに短納期での対応が可能で、補修部品の調達に最
 適です。緊急対応が求められる補修部品の調達リードタイム短縮とコスト削減に
 貢献しました。

15.自由成形プラスチック保護カバー


用途:保護カバー 材質:自由成形プラスチック 加工内容:低温熱(60~80℃)簡易成形

15【特徴】
 ドライヤーであれば60℃程度、熱湯であれば60℃~80℃程度で簡単に成
 形が可能
な自由成形プラスチックを採用した保護カバーです。少量ロット
 で型費不要な簡易成形を実現しました。ゴムのように軟質な素材のため、
 保護カバー他、ワーク固定治具等にも使用が可能です。

16.ウレタンキャップ


用途:キャップ 材質:ウレタン 加工内容:押出し成形 切削

16【特徴】
 樹脂の相手部品を保護するために使用するウレタンキャップです。
 ウレタンは重合度によって硬度や強度が異なります。用途に応じて最適なウレタ
 ングレードを選定し、追加工まで一貫して行いました。

17.特注ゴム蛇腹(ASSY)


用途:ダクト部蛇腹 材質:金属部品+ゴム 加工内容:製缶板金 蛇腹取り付け

17【特徴】
 製缶板金部品のダクトにゴム製の蛇腹を接合した蛇腹製品です。
 長さ、幅等のご要望の仕様に合わせて、製缶板金加工から樹脂の蛇腹のASSY、
 据付まで一貫して対応することで、お客様の調達の利便性向上に貢献しました。
 

18.段ボールプラスチック置き台


用途:ワーク置き台 材質:PP 段ボールプラスチック 加工内容:裁断 組立

18【特徴】
 ワークの置き台として使用するために、段ボールプラスチックを裁断・組立をし
 て製作しています。段ボールプラスチックはその他搬送用の容器として幅広く
 活用されています。ワークのサイズ形状に合わせた特注での製作が可能なた
 め、お客様の仕様に合った製品を納入することが可能です。

19.3Dプリンタ 簡易試作


用途:デザイン確認 簡易試作 材質:UV硬化樹脂 加工内容:3プリンタ+切削

19【特徴】
 UV硬化型の樹脂を使用した、3Dプリンタでのデザイン確認用のものを簡易試作
 しました。3Dプリンタ後に切削加工を加えることで、繊細な加工も可能になりま
 す。デザイン確認や簡易試作にスピーディに対応します。

20.超高分子量ポリエチレン ドアストッパー


用途:ドアストッパー 材質:UHMW 超高分子ポリエチレン 加工内容:切削

20-1【特徴】
 UHMW(超高分子量ポリエチレン)は、極めて分子量の高い特殊な熱可塑性樹脂
 です。吸水性が高く、耐薬品性に優れています。水分が多く、殺菌剤等も使用さ
 れる環境下で使用するため、耐水性・耐次亜塩素酸が求められます。そのため、
 材質として超高分子量ポリエチレンを選定しました。
 
 

お役に立つことができれば幸いです。その他の加工事例については下記をご覧ください。

㈱サカエHP 部品加工
【事例】加工部品のVA/VEでコストダウンを実現!

sakae-contact

 


 

 

関連記事

株式会社サカエ

株式会社サカエ

伝動・油空圧機器から検査装置まで扱う技術商社。ロボット導入や画像検査装置導入により生産現場の自動化や省力化を実現させるご提案をします。

サカエに問い合わせる