ホーム > 全自動加工ラインの実現:タップ加工ロボットシステム(動画付き)

全自動加工ラインの実現:タップ加工ロボットシステム(動画付き)

全自動加工ラインの実現:タップ加工ロボットシステム

概要


軸端面の下穴加工、タップ加工システムです。ロボドリルとロボットを連動させた自動ラインとなりました。ロボットはダブルチャックとして、着脱に掛かる時間を短縮しました。

①ロボットがワークを取り出して、加工治具へダイレクトに取り付けます。
②加工機はロボット退避の信号を受けて、加工を開始します。
③ロボットは加工後のワークを検査装置へ取り付けます。
④検査装置は、加工後のタップ有無・切り粉残りをカメラで検査します。
⑤検査後、ロボットはOK/NG結果別にワークを排出します。


HubSpot Video

 

ポイント


■タップ有無検査と切り粉残り検査をカメラで行うことにより、省人化が実現した。

■ローダー搬送を行っていた工程をロボット化した。

■ロボット化することにより、投入~排出までを集約することができ、省スペース化することができた。

導入効果


目視で行っていた検査を自動化することにより、作業者0.5人工を削減することができました。
ローダーのような上部空間のメンテ作業が不要になったことで、メンテナンス性がUPしました。

タップ加工ロボットシステム_1タップ加工ロボットシステム_2
タップ加工ロボットシステム_3タップ加工ロボットシステム_4

sakae-contact

株式会社サカエ

株式会社サカエ

伝動・油空圧機器から検査装置まで扱う技術商社。ロボット導入や画像検査装置導入により生産現場の自動化や省力化を実現させるご提案をします。

サカエに問い合わせる