ホーム > 工場営繕・安全対策工事

工場営繕・安全対策工事

2021年03月05日

 

工場営繕・安全対策工事

工場営繕とは

 ”営繕工事”とは、リフォーム工事と同義語で扱われ、既存の建築物・設備に新たに付加する『営造』と、『修繕』をあわせて”営繕工事”と呼ばれています。
建築物の新設工事と比較すると、コストを大幅に抑えることができ、工事期間も短期に収めることができます。
また、単に既存機能の回復を図ること以上に、機能付加・改善効果を見込める営繕工事もあり、ご提案によってはお客さまに様々なメリットがあります。
予算・工機を踏まえた営繕工事をおこなうこともさることながら、環境面・省エネ・安全面・ものづくりの生産性の面からも営繕工事の進め方を検討することが必要です。
今回は工場営繕工事からいくつか事例をご紹介いたします。皆様の環境対策、省エネ、安全対策、生産性向上のお役に立てれば幸いです。


【営繕工事・安全対策 施工事例】

営繕事例1営繕事例2


製造業の為の工場営繕ガイドブック

弊社と工場営繕・安全対策工事で協業いただいております大橋建工様より提供いただきました「工場営繕ガイドブック」です。
上記の施工サンプル以外にコンクリート修理、ピット埋設工事、梯子ガード・製作設置工事等、15の施工サンプルを掲載しております。
下記よりダウンロードが可能です。施設の老朽化・安全対策・環境改善等でお困りのお客さまは是非ご覧ください。

工場営繕ガイドブック サムネ 

工場営繕ガイドブックのダウンロードはこちらから

関連記事

株式会社サカエ

株式会社サカエ

伝動・油空圧機器から検査装置まで扱う技術商社。ロボット導入や画像検査装置導入により生産現場の自動化や省力化を実現させるご提案をします。

サカエに問い合わせる